キャラクターデザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2020年11月25日  ニュース

VRプロジェクト、始動。

こんにちは。キャラクターデザイン学科の村上です。

1116日、京都でちょっと変わったワークショップが行なわれました。

場所は太秦にある東映京都撮影所の中に新設されたVRイノベーションアカデミー京都の教室です。

映画「蒲田行進曲」で若き松坂慶子が「あんったぁーーー!!」と力の限り叫んでいたあの場所に建てられました。(分からない人はググろう)

0001

0002

 

これは、京都の地場産業と教育機関が連携して「VRを活用した新しい可能性を模索する取り組み」を行なうという京都府主宰のワークショップです。

ゲームジャムのゲーミフィケーション版のような感じ(分からない人はググろう)で、そこに企業が加わって実用化を目的とした技術の実験を行います。

参加する教育機関は、京都芸術大学、京都精華大学、立命館大学、京都コンピュータ学院の4校。

そして、毎回ゲームジャムやビットサミット等でゲームゼミの学生がお世話になっている

京都のゲーム会社スケルトンクルースタジオさんにワークショップの運営を行なっていただきました。

4校の学生をシャッフルして4つのチームをつくり、そこに京都の地場産業の代表の方が入って、現状の様々な問題解決に向けたディスカッションを行ないます。

ワークショップは全5回で、初回はテクニカルサポーターのメンターも加わり、各自自己紹介や企業様へのヒアリングをして終了しました。

次回からはより具体的な企画を検討し、実現に向けてVRARの企画開発が動き出します。

学生たちよ。若いうちしか作れないヘンなものをたくさん生み出しておくれ。

<2829303132>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。