アートプロデュース学科

【入学式で新入生代表挨拶をしてくれた小田葉月さんにインタビューしました!】

みなさんこんにちは!アートプロデュース 学科です。
今日は今年入学した小田葉月さんのインタビューをお届けします。小田さんは、先日の入学式で新入生を代表して「入学の辞」を読んでくれた学生です。

小田さんの素晴らしい挨拶と透き通った声に誰もが心を打たれました。

 

2021年度入学式の「入学の辞」の様子はこちらから。

 

 

【新入生の代表挨拶に選ばれたことを聞いてどう思いましたか?】

小田さん:電話で連絡がありました。人前に立つ機会が少なかった私にとっては荷が重くプレッシャーもありましたが、隣に居てくれた母が「こんなに光栄な機会はないよ」と背中を押してくれたんです。

 

【とっても素敵な挨拶文でしたね。文章を考えるにあたって相談にのってくれた人はいましたか?】

小田さん:先輩方の「入学の辞」を参考にさせていただきながら自身で書きあげました。

母にも目を通してもらいアドバイスをもらいましたが、昔から作文がとても苦手なので自信がありませんでした。

 

 

【とても堂々としていて、そんな風には感じませんでしたよ!今まで人前で話す機会はありましたか?】

小田さん:高校時代は放送部に在籍していたこともあり、お昼の放送を担当したり、放送コンクールで朗読をしていました。

コンクールでは書籍から抜粋した文章を朗読するものでしたので、自分で考えた文章を読み上げるのはこれまで機会がなかったのでとても緊張しました。

 

【ASPに入学を決めたきっかけは何ですか?】

小田さん:私は絵を描くことが好きで、ずっと芸大への憧れが強くありました。

大学に入学してからデッサンなどの基本的な勉強をしたいと思い芸大への進学を決めました。

絵を描く以外でも芸術に携われることについても興味がありアートプロデュース 学科を選びました。

大学が京都にあることも理由のひとつです。都会でありながら、景観の規制でビルが低いところがいいなと思いました。

 

【入学して学生生活をスタートしてみていかがですか?】

小田さん:とても慌ただしいです。来週からいよいよ授業があります!

私は愛媛出身なので京都に来て間もないですが、京都は私にとっては大都会です。電車やバスの本数や人の多さに驚いています。

地元ではバスは1時間に1本というのが普通でのんびりしていたので…

大学は階段が多くて少し大変だけど、まだ始まったばかりで全部周りきれていないので、まだ知らない場所にも行ってみたいです。

 

【階段が多いぶん、高い場所からの景色を楽しむこともできますね!これからの目標はありますか?】

小田さん:数週間前までは大学に無事入学することが目標だったので、具体的な目標はこれから立てたいです。

早く大学の環境に慣れて、ここで成長できることを見つけられたらと思います。

 

小田さん、ありがとうございました!

アートプロデュース 学科は、みなさんの挑戦を全力でサポートします!

アートに携わりたい、関わりたいという方はぜひアートプロデュース学科に来てみてください。

 

 

 

 

<56789>