情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年8月31日  授業風景

夏季集中講義!情報デザイン論Ⅱ

現在、大学は夏休み真っ最中ですが、夏休み期間中だけの数日間、
特別におこなわれる夏季集中講義の真っ最中でもあります!

この授業では毎回異なる、デザインの現場で働いておられる方をお呼びし
4日間集中して授業をおこないます。

そんな特別な授業の数日間のうち、1日をご紹介します!

本日は SAKAKI LAB でパッケージ、カタログ、ホームページなど幅広く手がけておられる
サカキ テツロオさんによる授業がおこなわれました。

まず、午前中は2人1組になり
ペアになった相手を取材し、その相手が使用する名刺のデザインを考えます。

1
2
IMG_4459

ここで2人1組になりペアをつくったことで
自然に、デザインを依頼し客様となる「クライアント」と
クライアントの考えを読み取ってデザインする「デザイナー」という2つの立場が生まれたわけですね!

その後は、実在し代々続いているお煎餅屋さんのパッケージデザインを制作!
単なるパッケージデザインではなく
ここでも「クライアント」と「デザイナー」という関係の中であることを忘れずに
代々販売されているお煎餅の味や良さを変えることなく、さらに良い商品となるように
それぞれパッケージがデザインされていきました。

IMG_4499
IMG_4500
IMG_4509

IMG_4518

今回の授業では、ただ単にデザインするということではなく

学生にとって、社会にでてデザインを仕事とするときに必ず生まれる

「クライアント」と「デザイナー」という2つ立場になって考える難しさについて

触れるきっかけになりました。

 

情報デザインⅡは明日が最後の授業となりますが

いつもの夏休みよりも、スパイスのきいた忘れられない夏休みになったのではないでしょうか!

 

 

 

スタッフ:ハシジ

関連記事

<528529530531532>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。