情報デザイン学科

日常風景

  • LINEで送る

2013年9月10日  日常風景

学生作品展に向けて

こんにちは。朝晩は涼しくなり、夏も終わりですね。
うんざりしていたはずなのに、終わるとなると名残惜しい気もします。

そんな夏の終わりの学園祭(通称:大瓜生山祭)!そして同時開催の学生作品展のお知らせです!

とは意気込んだものの、会議風景はちょっと地味ですね。
今回はイラスト3回生の展示計画会議の様子をお伝えします。

 
blogtest1

「展示計画」というと堅い感じですが、限られた展示場所に、どんな見せ方で作品を配置するか、

実際の展示を想像しながら進めていきます。

壁に貼る?台に置く?つるす?見せ方もいろいろです。

 
blogtest2

たくさんのアイデアが浮かんでは消え浮かんでは消え・・・
時には明後日の方向に広がってしまうことも!?
 
iso-2022-jp__IMG_5F4541_20_1B_24B_24N_253_25T_21_3C_1B_28B

頑張っているのは学生だけではありません。
先生も作品の審査にアドバイスにと、忙しく動き回っています。
 
blogtest

イラストレーションコースだけではなく、全コースの3回生はこの夏休みは展示に向けてがんばっています。
学生と先生と、全員一丸となっての展示が楽しみです!
同日に行われる学園祭(通称:大瓜生山祭)の熱気にも負けず、存在感のある展示会となる事でしょう。

ちなみに大瓜生山祭では学生作品展の他にも、野外フェス、ファッションショー、新喜劇、

ねぶたなどなどいろんな企画が盛りだくさんです!学生のエネルギーをびしばし感じてください!
たくさんの方のご来場お待ちしております!

 

【情報デザイン学科 学生作品展】
会期:9月20日(金)~22日(日)
会場:京都造形芸術大学 人間館3F 各教室

大瓜生山祭 ※大瓜生山は9月21日~22日となります
大瓜宇山祭の詳しい情報はこちら

 

 

スタッフ:ナラダテ

関連記事

<512513514515516>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。