こども芸術大学

授業風景

  • LINEで送る

2013年9月9日  授業風景

こども芸術学科の学生さんとのつながり

実践の場で造形活動をとおして保育を学ぶ授業として、

こども芸術学科の学生さんと前期に活動を行ってきました。

毎回、各学年担当の学生さんが、それぞれの発達段階も考慮しながら継続的な造形活動を計画し、スタッフやお父さんお母さんも一緒になって活動してきました。

そして今日は、積み重ねてきた活動のまとめをコメント入りの写真展示という形でみせてくれました。

そして、午後からはお母さんお父さんに、関わってきた子どもたちをとおして感じたこと、学んだことを発表してくれました。

最初はお互いにどきどきしていた学生さんと子どもたち。

定期的に同じメンバーで活動をする中で、少しずつ距離が縮まっていきました。

お互いにとってこの活動は得るものが多かったように思います。

そしてお母さんやお父さんも、学生さんから聞く子どもの姿から新しい発見があったようです。

 

その発表のあと、年中を担当していた学生さんたちが、年中親子一組ずつに対しお手紙と写真をプレゼントしてくれました。

子どもへのメッセージのほかに、お母さんへのお手紙も。

その手紙には、学生さんが一人ひとりの子どもと本当に丁寧に関わってきてくれたからこそ見えてくる子どもの姿が書かれていました。

この授業だけに関わらず、せっかくできた絆を今後も大事にしていきたいと思います。

(村井)

<210211212213214>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。