アートプロデュース学科

ニュース

  • LINEで送る

2013年3月13日  ニュース

活動報告!

[対話型ギャラリートーク] ウフィツィ・ヴァーチャル・ミュージアム


京都大学総合博物館で3月24日まで開催中の、「ウフィツィ・ヴァーチャル・ミュージアム」展にて、対話型ギャラリートークを行いました。
2012年度、ACOPを経験した学生たちと、アート・コミュニケーションセンターと協力しながら島根で対話型鑑賞の実践を積み重ねている「みるみるの会」メンバーがナビゲーターをつとめ、来場者の方々と意見を交わし合いました。
130313_1
130313_2













下記より、ナビゲーターを担当した学生と、みるみるの会の金谷教諭によるレポートを紹介します。


学生によるレポートは コチラ
みるみるの会によるレポートは コチラ


京都大学総合博物館 展覧会紹介ページは コチラ
みるみるの会 ホームページは コチラ


開催年月日:2013年2月23~24日 、3月3日
開催場所:京都大学総合博物館
実践者:伊達隆洋(ASP学科副学科長)・北野諒・三宅正樹・渡川智子・ASP学科学生(軒山春菜、松尾若葉、山岸優、山口玄汰稜、原泉)・みるみるの会(春日美由紀、金谷直美)

関連記事

<458459460461462>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。