こども芸術学科

体験型授業オープンキャンパスにご参加頂きありがとうございました

皆さんこんにちは。こども芸術学科の河村です。

朝夕には少しずつ秋の心地良い風を感じる季節になってきました。

8月27日28日こども芸術学科の体験型授業にご参加頂きありがとうございました。北海道から沖縄まで遠いところから足を運んで下さった方、毎回ご参加頂いている方、初めて来て下さった方、みなさんにお会いできて嬉しく思っています。

今回のテーマは「つらつらつらなる、ひとつながり絵本」です。

はじまる前から、既に学生スタッフや同じグループの高校生と楽しく会話する場面が見られていましたね。

今日も高校生との体験授業を楽しみに、こども芸術学科の2回生学生スタッフが元気いっぱいに盛り上げてくれました!!自己紹介、学科紹介をしてグループに分かれて活動しました。今日はこのメンバーで活動していきます!

 

では、机の上にある折り紙を手に取って、まずはちぎってみましょう。

早くちぎったり、ゆっくりちぎったりすることで、線の断面、形など様々なものがありますね。何も考えずにちぎっているだけで、不思議な形のフォルムが浮かび上がってきます!

では、たくさんちぎった折り紙の中から自分の好きな形のフォルムを友達に紹介してみましょう。また友達のものと交換してみましょう!

初対面でも、折り紙をちぎったりして、手を動かしていると、いつの間にか友達になりましたね!!「ひとつながり絵本」では、もの作りを通して、対話や、仲良くなっていくプロセスも大切にしています。

では画用紙を交互にシャバラに折ってみましょう。

そこにちぎった折り紙を並べていいきます!

不思議となんだか、色んな場面に見えてきます。

一人ひとりのジャバラ絵本をみんなで繋げてみると一つの長い絵本になりましたね!

友達のジャバラ絵本を眺めていると、自身の中で様々なストーリーが想像できますね。

こんな風にも見える、友達のここが面白い!色んな気づきがありました!

絵本を作るのは、難しいように思いますが、折り紙をちぎって、並べてみるという行為から偶然の、思いも依らないストーリーができることを感じてもらいました。

体験してくれた高校生からも「友達から、もらった折り紙が小さかったのでいっぱい貼ってみたら花火になった」「折り紙の冒険!!」などのタイトルをつけた絵本の発表がありましたね!

こども芸術学科ではこども心に戻って、様々なことを感じ、創っていきます。一見何か分からないことでも、こどもの心を想像し、その行為を見守り、寄り添っていく過程の中で理解に繋げていきます。

「つらつらつながる、ひとつながり絵本」のテーマで今回はみんなで創作しました。

次回はいよいよ体験型授業選抜Ⅰ期が始まりますね。エントリー期間は8月28日〜9月1日までです。皆さんにお会いできることを心から楽しみにしています。

 

エントリー申し込みはこちら

<5556575859>