美術工芸学科

イベント

  • LINEで送る

2013年11月7日  イベント

【日本画コース】たまにはエレベータを使わずに…

 

 

こんにちは!日本画コース副手です。

 

 

11月、霜月ですね。肌寒い季節になりました。

 

霜月という言葉には霜が降るという意味のほかに、
十を満ちた数であるとして十月を「上月」とし、それに対して「下月(しもつき)」、
「神無月」を「上な月」として「下な月(しもなつき)」とするなど諸説あります。

 

今年ももう下りに入ったということで・・・

 

上下するといえばそう!階段ですね(この導入はとても苦しいですが)

大学内にあるギャルリ・オーブには、長い階段があります。

 

_MG_9422

こちら、美術工芸学科の各コースが月替わりで作品を展示していることをご存知ですか?

今月は、日本画コースの順番になります。

 

今回は、1年生の作品です。

 

_MG_9423

テーマはこちら

夏季休暇中課題「自由制作」および「金銀箔・揉み紙による日本画制作」

 

担当の菅原健彦先生の解説を会場に掲示しています。
あわせてご覧ください。

 

_MG_9427

 

_MG_9424

大きな作品は夏の課題、小さな作品は下地をつくる授業作品です。
揉み紙といえば、前回のハロウィンの記事にて登場していましたね!
みんな下地を生かして制作をしています。

 

_MG_9425

マチエールを学ぶ作品でしたので、モチーフは自由に選択できました。
とても個性的なモチーフを選んだ生徒もいますよ。

 

*****

 

日本画コースは11月末まで展示しております。
作品を眺めながらなら、長い階段も苦ではないかも…?
たまにはエレベータを使わず、ゆっくり上り下りをしてみて下さいね。

<540541542543544>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。