キャラクターデザインコース

ストップモーション作品『すっしーズ〜学校〜』が「PEAS Webアニメコンテスト神戸」にて入賞!!

キャラクターデザイン学科です!

 

映像ゼミ生の作品『すっしーズ〜学校〜』がPEAS Webアニメコンテスト神戸にて「株式会社リオ ポテンシャル賞」に選ばれました!この度はご入賞おめでとうございます㊗️!!

 

作品の視聴はコチラ!

 

 

制作された「こねこねず」3名の学生にゼミインタビューをしましたっ!


 

「こねこねずのみなさん、こんにちは!」

 

「撮影・監督をしました柳果歩です」

「編集をしました福木彩乃です」

「造形を手伝いました河添美佳です」

 

「よろしくお願いします。独特な作品ですが、そもそも制作のきっかけってなんだったのでしょう」

 

柳「もともとストップモーションに興味があって、お寿司も好きで。合わせたらこうなりました」

 

 

「なんともほがらかな発想に心が和みますね。なるほど、最初からそのアイデアはあったと」

 

福木「最初はグループ制作で何かを作りたいね、と話していて、琵琶湖で撮影しようという案もあったんですが、ストップモーションもしたいねとなって。それで3人で行いました」

 

「琵琶湖で何を制作される気だったのか、そこも気になりますが今回のストップモーション撮影の作業というのはやはり大変だったのではないですか?一枚一枚撮って並べて、と」

 

柳「…ははは(冷めた笑)撮影していたんですが、途中からすごく腰が痛くなりました。そして体もバキバキに。作業していた机がたぶんすこし低かったので」

 

「そうでしょうね。なんとも、根気のいる作業だったのですね」

 

 

福木「私は編集担当でした。撮影したものから一枚一枚バリ消しを行うんですが、それを延々やっていると、またとんでもない枚数が急に送られてきたりしてという連続で。そこからまた同じような作業が延々続くんですが、一枚一枚が大切なのでしっかりおこなっていきました。連日長時間の作業ではありましたが、メガネがブルーライトカットだったので視力は下がりませんでした!」

 

 

「確かに!ストップモーションは編集する側にも根気が要る作業ですよね。そしてお話を聞いていてなんだかブルーライトカットが妙に欲しくなりました。河添さんは制作に関してはいかがでしたか?」

 

河添「別エピソードのシーソー動画に関わったんですが、柳さんがこういう顔がいいというそのパターンを聞いて、ずっとこねこね作っていました」

 

「人がイメージする表情をこねて作るのも大変でしょうね。こねこねずの作品というのは、それぞれの根気が重なって、できている点がいいですね」

 

 

柳「技術的な反省点はまだまだ多くありますが、元々は3DSのコマ撮り機能で遊んでいた面白さがあったんです。制作は朝から晩までやっていたんですけど、それは別に苦痛ということではなくて。ストーリーを練り込むプリプロダクションの方がむしろ辛かったです。制作中はむしろ作っていく作業、カタチになっていく楽しさがありました」

 

「なるほど面白さから入るということ、確かに大切ですよね。そこから形にしていく楽しさ。確かにプリプロでは、担当の山岡先生に何度もちゃぶ台を返されていましたね」

 

柳「はい(笑)プリプロは苦手だったんですが、でもその思考の分、見ていただいた方々に何も考えず楽しんで見て欲しいという思いが少しは伝わっていたのかなと思います」

 

 

「公開した学科展では来られていたお子さんがじっと見ていただけていたようでしたね。それがとても印象的でした。みなさんの苦労が報われて得るものがたくさんあったわけですね。
なんだか、じわりますよね。。」

 

一同「…(じわっている)」

 

 

福木「あのっ!私自身は!夏に朝から晩まで学校に来続けていたので、体力と共に継続力も身についたと思いました!」

 

「わっ!びっくりしました。じわりからのパワキャラ発言とは、なんとも頼もしい限りですね」

 

河添「私は、自分の制作を早めに終わらしてもっと早く制作に参加するつもりが流行病にかかってしまって。迷惑かけたちゃったなと思います。予定を考えるときは何か想定外なことも含めて考えた方がよかったな、と」

 

「河添さんは自身の制作もありながら、スケジュール管理の兼ね合いという学びがあったわけですね。ちゃんとご自身の作品も完成されていましたもんね、なんだか聴いていて、それぞれ得たことを自信に変えて、それぞれの今後の制作に進んでいってほしいなと思いました」

 

 

「それでは最後に、それぞれからお一言ずついただいてもよろしいですか?」

 

柳・福木・河添「いつも教室を開けて遅くまで残っていただいた副手さん、アドバイスをいただいた先生方に感謝です」

 

「おぉ〜声を揃えて周囲への感謝とは…とても模範的ですね。
しかし何か…裏もありそうですね。
よかったら担当教員へも一言どうぞ」

 

三人「(見合わせて小声)っせーの、あの!…クルクル回ってるとこに!…行きたいな、と」

 

担「散髪屋のクルクルですね!どうぞ行ってらっしゃい!!」

 

一同「…」

 

というわけで、早く散髪に行きたいらしいこねこねずでした♪

 

担「いや、ちゃんと連れて行きます…」

 

(^^)b!!!

<3738394041>