文芸表現学科

イベント

  • LINEで送る

2013年12月5日  イベント

【本日開催】朗読会「夢」

 
辻仁成先生の担当する「クリエイティブ・ライティング特講I」では、
年3回行なわれる集中講義のたびに、学生たちが小説を書き、それを合評してきました。
 
今年度の授業は終了しましたが、
学生たちが作品を発表するために、
朗読会を開催します。
 
朗読会のテーマは「夢」です。
 
学生たちは「夢」から連想する小説やエッセイ、詩など新しい作品を書き上げました。
朗読は、舞台芸術学科と映画学科の学生たちにも協力してもらいます。
自分で朗読するのとはまた違った作品が生まれてくるのではないでしょうか。
 
全体の演出は、4回生の小林野々子さんが担当します。
小林さんは、来春より京都造形芸術大学の大学院に進学し、
辻先生のもとで学ぶ予定です。
 
朗読会は、人間館1階のアットマークカフェにて行ないます。
学生たちの夢が入り混じる空間にぜひお越しください。
 
131205_yume
 
日時
2013年12月5日(木)16:30〜(45分程度)
 
場所
京都造形芸術大学 人間館1階 アットマークカフェ
 
演出
小林野々子(文芸表現学科4回生)
 
出演
桑村大和(舞台芸術学科回生)
辻井悟志(舞台芸術学科・1回生)
宝来麻耶(映画学科1回生)
松岡咲子(舞台芸術学科4回生)
 
 
(副手・鵜飼慶樹)

関連記事

<280281282283284>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。