情報デザイン学科

学生紹介

  • LINEで送る

2013年3月29日  学生紹介

サイバー犯罪啓発プロジェクト

皆さんこんにちは。

情報デザイン学科、映像メディアコース新3年生の

北村と磯部です。

 

僕たちは「サイバー犯罪啓発プロジェクト」

というプロジェクトに参加しました。

これは、京都ITコンソーシアムと言う企業さん、京都府警の方々と

僕達京都造形芸術大学の学生が協力してサイバー犯罪に対する警告、

啓発CMを制作するというプロジェクトです。

 

サイバー犯罪というのは出会い系サイト、ワンクリック詐欺、

コンピュータウイルスなど多岐多様に存在します。

ネットがより身近に、便利になっ?ている今だからこそ改めてその危険性を喚起するべく、

映像作品にして多くの人に見てもらおうという意図で発足したものです。

 

僕たちを含め8名の学生がこの?プロジェクトに参加しました。

サイバー犯罪と一括りにしても先程書いたとおり様々な種類があるので、

大きく2つの種類に分け4人ずつ2チームで、2作品を制作しました。

 

公の場に発表する作品ということで、個人制作や課題とは違い

様々な問題があり、何度もデモを作ったり、手直しを加えたりしましたが、

その分やり甲斐のある内容で、妥協せずに作れたので非常に達成感がありました。

完成した作品にも全員が納得の行く出来になりました。

 

このプロジェクトを通して僕は、人の為に、誰かに見てもらうために

作品を作ることも学生生活の上でとても重要で、自分の力を高める事ができると思いました。

 

 

情報デザイン学科

映像メディアコース3年

北村、磯部

 

造形芸術大学スポットムービー制作プレゼンデジカメ画像¥2012.07.14¥IMGP0004

造形芸術大学スポットムービー制作プレゼンデジカメ画像¥2012.07.14¥IMGP0027

 

関連記事

<559560561562563>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。