歴史遺産学科

イベント

  • LINEで送る

2014年4月17日  イベント

第1回 歴史研究クラブについてのお知らせ

今回は、歴史研究クラブの内容についてお知らせいたします。

 

初回の部活は4月20日の午後1時から始まります。

当日の部活の内容を簡単にご説明しましょう。

 

さて、みなさんはコンビニで買い物をして、おつりを10円玉で渡されたときに、10円玉をじっとご覧になったことはありますか。10円玉の真ん中には横長の建物が刻まれていますね。これはどこの建物でしょう?

平等院鳳凰堂

そう、日本史の教科書にも出てくる平等院鳳凰堂ですね。このお堂に安置されている阿弥陀如来坐像は、定朝作の確証ある唯一の作品と、日本史の教科書に書いてあります。

近年、この阿弥陀如来坐像の修復が行われました。

その際に、様々な自然科学的調査が行われ、阿弥陀如来坐像が幾度も修理されていることがあきらかになりました。部活では、このお像が過去にどんなふうに修理されたのか、どうしてそんなことがわかるのか、実験室の顕微鏡を使って一緒に勉強してみようと思います。

 

 

———————————————-

【WEBの場合】下記URLからお申し込みください。

https://w2.axol.jp/entry15/kyoto-art/step01?f=39

 

皆さま、奮ってご参加ください!!!

 

 

関連記事

<140141142143144>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。