こども芸術学科

学生紹介

  • LINEで送る

2013年1月14日  学生紹介

卒業生リレーメッセージ7:山田登美子さん|学生紹介


アーティスト:山田登美子さん(1期生)



2013年、最初の卒業生紹介は、1期生 山田登美子さんです。
千住賞を獲得した、卒業制作展での「オオパクトキャシャ」は皆さんの記憶に深く残っているのではないでしょうか。

line


山田登美子さん

こども芸術学科では、たくさんの事を学びました。
人生が大きな木であるとしたら根をしっかり定着させ栄養を与えた4年間でした。
そのなかで印象に残り、今でも大切にしている言葉があります。「今回の作品、愛してないでしょ」
合評の時、先生に言われた言葉です。
言われた時は悔しくて泣きました。
この言葉は、こども芸術学科ならではの言葉だと思います。
作品への向けた愛と言う言葉を聞いた時、本当に入学して良かったと思いました。

私はいま同大学の大学院に在籍しています。学部の時から引き続き「人間の中に住む怪物」をテーマに制作しています。
私の制作原点は、こども芸術学科に全てあります。

山田登美子
line


(浦田雅夫/子ども家庭福祉・心理臨床)

関連記事

<394395396397398>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。