こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2012年11月25日  授業風景

クレヨンセット|2年次「造形表現Ⅳ(合評)」

 

世界で一つだけのクレヨンセット合評会



ブログにUpするのをだいぶサボってしまいました。
お待たせしました、じゃーん、やっと合評会報告です!

土から顔料をつくり、
蜜蝋を溶かしてクレヨンをつくり、コロジオン版画でパッケージを印刷。
世界で一つだけのクレヨンセットが学生さんの数だけ完成しました!

もう、全員分紹介したいところなんですが、合評しながらカメラマンもしていますので、写真がうまく撮れなかった人のものもあります..残念。
掲載できていない人のも力作でした、と付け加えておきます。

ここでは、何人かの作品を紹介しましょう。

でも、一昨日に2年生のほぼ全員が至誠館の4階S41教室にクレヨンセットを展示しました。学食の一つ上のフロアに上がれば、ガラス越しに見ることができます。

ぜひご覧あれ!

line

造形表現Ⅳ_クレヨン_1

北山さん、クレヨンが人でパッケージは家になっています。
工芸基礎で作ったものも加わって、楽しいディスプレイになりました。

 

造形表現Ⅳ_クレヨン_2

岡崎さんのはクレヨンならぬ「くりヨン」。
箱もコンパクト、クレヨンも小さいのがカワイイ。

 

造形表現Ⅳ_クレヨン_3

落合さんのハッピーセット?はしっかりフライドポテトとドリンク付きです。
(11/2付ブログの答え:この版画はなんと3版3色刷り!)

 

造形表現Ⅳ_4

後藤さん、地元の宮崎地鶏を版画にしました。
クレヨンも版画も色がキレイですね。これも3版3色なんです。やるネ!
赤、青、黄色の色味がよかった。

 

造形表現Ⅳ_クレヨン_5

砂田さんのはクレヨン1本1本包んであります。

 

造形表現Ⅳ_クレヨン_6

辛川さんのどんぐりクレヨンは発表の時、松ぼっくりやどんぐりを使ってディスプレイ。
そして、何と合評の時にBGMで演出まで!?しかも曲はNHK朝ドラ「おはなはん」、何十年前だ〜?
間違いなくプレゼン大賞です(笑)

 

造形表現Ⅳ_クレヨン_7

吉井君は、蜜蝋クレヨンが液体のうちにパレットの凹みに流し込み、丸いかたちにしました。
市販品は型に流し込んで作っていますが、クラスでこれを発想したのは彼一人!

 

造形表現Ⅳ_クレヨン_8

吉井君のパッケージ、クレヨンのかたちに合わせて丸い筒になりました。

 

造形表現Ⅳ_クレヨン_9

八木さんのセット、版画は太陽のイメージです。
六角形の箱はたまたま家にあったものだそうですが、絵と箱がバッチリ合っています!

 

造形表現Ⅳ_クレヨン_10

村上くんは北バチの跡地に出来た新しいスーパーの煉瓦工事が頭から離れず、
コロジオン版画で拡張しています(笑)。
クレヨンも煉瓦も元は土だと気づいたところ、いい視点です。

 

造形表現Ⅳ_クレヨン_11

堤さんのは各色に名前があります。左から
ながぐつ、あめ、よもぎもち、あおむし、いちょう、ばあのセーター、はたけ色.. むむ、詩人です。
試行錯誤中で間に合いませんでしたが、箱も土から作るそうです、すごい!

 

造形表現Ⅳ_クレヨン_12

福田さんのパッケージはパンダが
無我夢中で線をひいているところなんです。
そんな風に、描いていた頃が懐かしい!

line

 

(森本玄:教員/絵画)

 

 

関連記事

<386387388389390>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。