こども芸術学科

イベント

  • LINEで送る

2012年11月12日  イベント

児童虐待防止推進月間|こども×アート×イベント


最近、オレンジリボンをよく目にしませんか?



児童虐待防止推進月間

11月は、児童虐待防止推進月間です。
保育士養成校でもあるこども芸術学科の学生には、社会全体の子どもの命と育ちを支える自覚をもってほしいと願っています。

私は、子どもシェルターの運営にもかかわっていますが、この場をかりて広報。11月25日(日)京都 ひとまち交流館にて、シェルター開設1周年記念講演を行います。
毛利甚八さん(作家「家栽の人」など)をお招きし、虐待を受けた子どもたち、そして、その結果として、非行や犯罪にかかわらざるを得なかった子どもたちの背景や生き辛さなどについて語っていただきます。
子どもシェルターののさんのロゴマークデザインには、こども芸術学科の梅田美代子先生にご協力願いました。

児童虐待防止推進月間1

京都サンガF.C.の選手もオレンジリボンキャンペーンや子どもシェルターの取り組みを応援してくれています。(J1復帰まであと1歩!)

児童虐待防止推進月間2

※子どもシェルターとは、暴力や放任など、何らかの事情で家庭で生活が難しかったり、今日、まさに安心して眠る場がないというような状況の子どもたちに対して、しばらくの間、衣食住を提供する施設のことです。

子どもシェルターへのお問い合わせ、info@nonosan.org

ホームページは、以下の通りです。 http://www.nonosan.org/


(浦田雅夫/子ども家庭福祉・心理臨床)

関連記事

<391392393394395>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。