こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2012年10月3日  授業風景

クレヨンセットの箱をつくる(1)|2年次「造形表現Ⅳ」

 

造形表現Ⅳは2年生が、環境と表現について考え、制作する授業です。



まずは土からクレヨンをつくります。

夏休みの宿題で、各々の故郷から土を採取してもらいました。
それを干して、ふるいにかけ、水簸(すいひ)という工程を経ると…
これが色の元、顔料になります。

これを一手間かけて、世界で一つだけのクレヨンにします。

写真は教室外のテラスで、土を篩(ふるい)にかけているところ。

土からクレヨン
土からクレヨン

皆さん、もう、夢中です(?)。
幼い頃、さらこな作りに夢中になったことを思い出す学生さんもいたのでは?


(森本玄/絵画)

関連記事

<417418419420421>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。