こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2012年10月6日  授業風景

クレヨンセットの箱をつくる(2)|2年次「造形表現Ⅳ」

 

学生さんが採取した土も無事に顔料になり、昨日はいよいよクレヨンをつくってみました。



写真はクレヨンの素材として欠くことができないもの。大きな塊を細かくするために、ノミとカナヅチを使って砕いているところです。これ、なんだか解りますか?

湯煎して溶かします。

土からクレヨン
土からクレヨン2

ヒントは「くまのぷーさん」の大好物と縁があるもの。古来からあるもので、エジプトではミイラを作るときにも使われましたし、薬として珍重されていたとか..油絵の具に練り込んで使うこともあります。答えは次回に。

この素材だけでもとてもキレイな黄色ですね。自然の不思議を感じます。

学生さんが作ったクレヨンは、撮影が間に合わなかったのでまたの機会に!


(森本玄/絵画)

関連記事

<434435436437438>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。