情報デザイン学科

日常風景

  • LINEで送る

2013年3月29日  日常風景

2013年度 情報デザイン研究室 始動!

1

情報デザイン学科には、「情報デザイン研究室」という、

先生方やスタッフが集まる部屋があります。

 

平日の9時から17時半まで開いていて、

先生に制作や進路のことを相談したり、

資料を閲覧したりと、誰でも気軽に利用できます。

 

先生以外にも、

「副手」と呼ばれるスタッフが6名待機していて、

事務的なことから授業のサポート、日々のお悩み相談まで、

様々な形で学生と関わります。

 

情報デザイン学科の卒業生として、

副手を務めてこられた吉本さん・谷川さんが3月いっぱいで退職となりました。

「人生の先輩」として、時に優しく時に厳しく、

お世話になった学生もたくさんいることでしょう。

 

研究室のムードメーカーとして盛り上げてくれた2人が去るのは、

寂しくなりますが、それぞれの門出を祝いつつ、

新たに卒業生が2名(楢舘さん・端地さん)副手として着任し、

2013年度の情報デザイン研究室が始まりました!

 

今年度もよろしくお願いします!

 

 

副手 岩崎

 

IMG_8556

 

関連記事

<554555556557558>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。