マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2011年5月25日  授業風景

吉田良先生

今日は人形作家、写真家でもあり、
球体関節人形の草分け的存在である
吉田良先生に特別授業をしていただきました。
球体人形を製作したい学生が多く、
他の学科からもたくさん学生が集まりました。
球体関節人形をすでに独学で製作している
学生は自分の作品を持ってきてました。

 
人形をつくるために製図して人間の骨格を
全身、横身と均等に描くことに、
みんな大苦戦していました。

 
二次元のものを立体にしたり、
あるいは立体のものを二次元の世界で描く。
 
学生たちと話していると
「難しいけど、すごく勉強になる」
と泣かせる言葉を発してくれました。

関連記事

<510511512513514>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。