キャラクターデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年1月24日  授業風景

池田先生ゼミ「3Dプリンター班」!!

 

 

みなさんこんにちは!!副手のトミタカです。

1月もあと一週間ほどで終わりですね…後期授業も残すところあと僅かですし…

時がたつのは本当に早いですね!!(´▽`;)

 

 

 

 

さて、前回のブログでは池田先生ゼミ「プロジェクションマッピング班」の挑戦から展示にかけてご紹介したのですが、今回は同時進行で行われていた池田先生ゼミのもうひとつの企画…「3Dプリンター班」についてご紹介したいと思います!!

 

 

 

 

 

池田先生ゼミの「3Dプリンター班」では3Dプリンターを使用し「深海魚の容器」を制作しております!!

授業では何を制作するかという会議から始まり、デザイン案・3dsmaxでのデータ作成・3Dプリンターでの実験と書き出し・加工作業という流れで1年間行ってきました。

 

 

 

 

 

☆「3Dプリンター班」の様子は学生ブログでも学生広報スタッフの【きちさん】が紹介しています!!

学生ブログに関してはこちらからどうぞ!!

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7~8人のグループに分かれ何度も会議を繰り返し、デザイン案を模索してきました。

机いっぱいに考えられた制作案…。

 

 

 

 

 

 

 

 

mendako3dsmaxでのデータ作成…。

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3Dプリンターの実験では学科キャラクターの「きゃらぽん」を制作しました…!!

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業も終盤にさしかかり、現在は加工作業を行っています。

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからさらに磨き、色づけを行います!!

 

 

 

 

 

 

そして、最後の仕上げ作業を頑張っている「3Dプリンター班」の作品ですが…

なんと…!!来月2月8日(日)に開催されます【ワンダーフェスティバル2015()に出展いたします(^∀^о)!!

池田先生ゼミ「3Dプリンター班」の1年間の成果を是非【ワンダーフェスティバル2015年(冬)】でご覧ください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログでも完成された作品と一緒に展示の様子などをご紹介できたらなと思います。

 

 

 

 

 

関連記事

<270271272273274>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。