アートプロデュース学科

イベント

  • LINEで送る

2015年3月31日  イベント

【ASPer】第一回『「アート」のサポーターって?』レポート

 

高校生アート・サポーター・プロジェクトの第1回目が、3月29日にARTZONEで行われました。

 

IMG_6130

高校生アート・サポーター・プロジェクト=通称:ASPer(エスパー)とは、アートと社会を繋ぐサポートをする若い力(高校生)を育てるプロジェクトです。

 

「アートサポーター」という言葉。普段あまり聞きなれないかもしれませんが、現在日本でも、美術館や地方で行われる芸術祭、県や市の行政など、アートサポーターを募集しているところが増えてきているんです。

 

では「アートサポーター」って具体的に何をするんでしょうか?

 

ASPer初回のこの日は、『「アート」のサポーターって?』と題し、学科長の福のり子先生に、アートサポーターは何をする人たちのなのか、なぜ必要とされるのかを分かりやすくレクチャーしていただきました。

 

IMG_6160

IMG_6168

高校生からは積極的な質問が次々と出てきて、当初の予定時間をオーバーしてしまうほどの、大盛り上がりなプレゼンテーションとなりました!

 

そんな福先生のレクチャーの後は、その日が最終日だったARTZONEでの展覧会『Installing of the Exhibition “BNF” & Artist』をみんなでみてまわり、出展作家の担当者(サポーター)である藤本さん(新ASP3回生)と青山さん(新ASP2回生)、また、作家の前谷さんと香川さんたちからお話を聞きました。
 
 

IMG_6217

 

 

IMG_6222

2014年度のARTZONE事務局長も務めていた藤本さん。さすがと言える堂々とした口調で、アーティストを一対一でサポートしていくとはどういうことか、自分の体験を交えて高校生に話してくれました。
IMG_6220

IMG_6235

最後は各テーブルの代表者に今回の感想を発表してもらい、そして、田中先生から参加者一人ひとりにASPerの証『Aバッジ』が手渡されました。

これさえあれば、ARTZONEのイベントは顔パスでOK!

2回目、3回目以降も参加してくれたら『A』『S』『P』『e』『r』=『ASPer』が揃います♪

 

IMG_6250

このとってもかわいい缶バッジは、日本画コース卒業生の鬼頭祈さんにデザインしてもらいましたー。

今回以降もぜひぜひ参加して、ASPerバッジをゲットしてくださいね!!

 

 

そして次回お知らせの前に、ASPerのチラシに記載された曜日に誤りがございましたので、ここにお詫びして訂正いたします。

第2回目の実施が5/5(日)となっておりましたが、正しくは5/5火・祝)です。

実施日の変更はございませんが、お間違いのないようお願いいたします。

 

 

 

 

次回予告

 

高校生アート・サポーター・プロジェクト

第2回『アートに会いに行こう!』5月5日(火、祝)14:00-17:00

京都の街なかでは、たくさんの「アート」が起こっています。ARTZONEと周辺のギャラリーをめぐりながら、さまざまなアートに会いに行きます。ツアー後はARTZONEでお茶をしながら、それぞれの感想をおしゃべりしましょう。

高校生は学生手帳または学生証を持参ください。また、徒歩での移動となるので歩きやすい靴&服装でご参加ください。

 

参加申し込み方法

下記に参加者のお名前/高校名(所属)/参加希望日をご連絡ください。

 

京都造形芸術大学アートプロデュース学科

電話:075-791-9296  FAX:075-791-9429

e-mail:info@artzone.jp

 

※メールの場合は、件名に「ASPer申込み」を記載の上お送りください。

 

aspASPer-01

関連記事

<218219220221222>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。