アートプロデュース学科

ニュース

  • LINEで送る

2015年1月7日  ニュース

高校生アート・サポーター・プロジェクト(ASPer)参加者大募集!!

 

 

アートプロデュース学科の学生が運営をするギャラリーARTZONEでは、

2015年より高校生向けの新プロジェクトが発足します!

 

 

 

artsupporterproject

 

2015年3月スタート

高校生アート・サポーター・プロジェクト(Art Supporter project) 

=通称:ASPer(エスパー)

 

ASPer(エスパー)とは、高校生を対象にアートを応援するサポーターを育てるプロジェクト。

 

アートの世界は大きく変わりつつあります。

「独りでつくる」「一人でみる」だけでなく、たくさんの人がつながり、影響しあう“アート”が始まっています。

 

ASPerでは、京都造形芸術大学アートプロデュース学科(通称ASP)が運営するギャラリー・ARTZONEで、アートと人、アートと社会をつなぐさまざまなプログラムを体験。アート・サポーターの一員として活動するノウハウを学んでいきます。

 

今、求められているのは、アートと社会をつなぎ、世界に働きかける能力を持っているアート・サポーター(=ASPer)たち。

 

ASPerとなって、アートと私たちの未来をつくろう!

 

 

asper

 

■日程

 

第1回 3月29日(日) 14:00-16:00   →終了しました ●当日のレポートはこちら●

「アート」のサポーターって?

作品をつくるのはアーティスト。それを見るのはわたしたち。では、“アート”をつくるのは誰?

ひとりでも多くの人に作品を見て、楽しんでもらうために「アート」を作るサポーターになって見ませんか?

 

 

第2回 5月5日(火、祝) 14:00-17:00  →終了しました ●当日のレポートはこちら●

アートに会いに行こう!

京都の街なかでは、たくさんの「アート」が起こっています。ARTZONEと周辺のギャラリーをめぐりながら、さまざまなアートに会いに行きます。ツアー後はARTZONEでお茶をしながら、それぞれの感想をおしゃべりしましょう。

 

第3回 6月21日(日) 14:00-16:00   →終了しました ●当日のレポートはこちら●

イベントって何だろう?

アート作品を見ていると、アーティストが何を考えて作ったのか、それを世の中に紹介する人は何を伝えたいのか気になってきませんか?「アート」と人をつなぐイベントを通して、展覧会をつくっている人たちに直接聞いてみましょう。

 

第4回 7月19日(日) 14:00-16:00   →終了しました ●当日のレポートはこちら●

作らなくてもアートは創れる!

ものを作るだけがアートじゃない。アートを創り出す作品鑑賞法を伝授します。アートは感性で感じるもの? 言葉にはできないもの? そんな思い込みをひっくり返すアートとの新しいつきあい方が始まります。

 

第5回 8月1日(土) 14:00-16:00

展覧会の裏側ってどうなってるの?

展覧会の会場には、アート作品の魅力を引き出し、お客様に楽しんでもらうためのたくさんの工夫が仕掛けられています。普段は見ることの出来ない展示作業の裏側をのぞいてみませんか?

 

※参加費無料

※どの回からでも参加いただけます

 

 

 

会場

 

ARTZONE

京都市中京区河原町三条下る一筋目東入る大黒町44 VOXビル1・2階

TEL:075-212-9676

http://artzone.jp/

(平日13:00-20:00 /土日祝 12:30-20:00)

 

 

■申し込み方法

 

主な対象者:高校生(その他の方はお問い合わせ下さい)

下記に参加者のお名前/高校名(所属)/参加希望日をご連絡ください。

 

京都造形芸術大学アートプロデュース学科

電話:075-791-9296  FAX:075-791-9429

e-mail:info@artzone.jp

 

※メールの場合は、件名に「ASPer申込み」を記載の上お送りください。

 

 

ASPer_05_ok_ol_ページ_1

ASPer_05_ok_ol_ページ_2

 

asp

関連記事

<194195196197198>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。