アートプロデュース学科

インタビュー

  • LINEで送る

2013年4月11日  インタビュー

先生インタビュー 福先生

fuku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福のり子先生(学科長)

 

〈専門分野〉

美術館学、鑑賞教育、現代写真、キューレトリアル(展覧会企画構成)

 

〈プロフィール〉

コロンビア大学で美術教育修士課程を卒業後、ニューヨーク近代美術館で研修。その後、ニューヨークでインディ・ペンダント・キュレイターとしておもに現代 写真の展覧会を手がける。これまでに展覧会をした作家は、ロバート・メイプルソープ、シィンディー・シャーマン・キース・へリング、ナン・ゴールデン、 フィリップ=ロルカ・ディコルシア、パティー・スミス、ディビッド・バーン、荒木経惟、畠山直哉、やなぎみわ、小沢剛、会田誠、澤田智子等多数。

 

〈研究テーマ/業績〉

1)プロジェクト

1.マン・レイ展 、「Unconcerned But Not Indifferent」キュレイター。ヨーロッパ7カ国を巡回したあと、2010年には東京の国立新美術館に巡回。
2.ニューヨークの美術館で30年ぶりに開催された現代日本写真展、「Heavy Light: Recent Photography and Video from Japan」キュレイター。

2)研究

アート・コミュニケーション

 
〈著書・論文等〉

『美術館ものがたり』(共著/1997/淡交社)
『なぜこれがアートなの?』(アメリア・アレナス著/福のり子訳/1998/淡交社)

 

関連記事

<450451452453454>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。