美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年7月29日  授業風景

【日本画】前期合評週間

こんにちは!

日本画コースです。

 

いよいよ夏本番!そして夏休み!

 

・・・の前に、前期最後の合同合評が二日間かけてありました。

1年~3年生が全員集まり、違う学年の合評を一緒に行います。

今回はその様子をお伝えします。

 

 

 

●まずは1年生。

1年生は、初めての本画制作(岩絵の具を使った制作)課題を合評しました。

モチーフは紫陽花です。

こんなに人数が多い中での合評も初めての1年生。

少し緊張した人も多いのでは・・・?

_MG_2849

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_MG_2851

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_MG_2856

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々な学年の先生からコメントを頂けて、良い刺激になったのではないでしょうか。

この調子で夏休みの課題も頑張って!

 

●お次は2年生。

2年生は前期全てをかけて取り組んだ『七つの支持体・七つの技法』課題を合評しました。一人につき7つの作品があるだけに、壁が華やかになりました!

勿論完成度も高いです。

_MG_2797

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_MG_2802

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_MG_2804

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_MG_2793

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この課題はかなりハードでしたが、皆最後まで頑張った甲斐があり、

どれも素晴らしい作品になっていました。

学んだ技法が、後期も、そしてこれからも制作に活かせていけると良いですね!

 

●最後は3年生。

3年生は描写クラスは『墨』、表現クラスは『隅』という課題でそれぞれ合評をしました。

やはり3年ともなると作品サイズが大きく見応えがあり、作品形態も皆それぞれ工夫を凝らしていました。

_MG_2859

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_MG_2862

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_MG_2872

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_MG_2863

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にうまくいった人も、不完全燃焼の人もいましたが、9月には学生作品展もあります。

今描いている作品を更にパワーアップさせるのか、全く新しいものに挑むのか、どんな作品が出るのか、楽しみなところですね!

 

 

 

とりあえずは何とか前期が終了しました・・・!

大学は夏休みに入りますが、夏休みって飛ぶように早く終わってしまうもの・・・

この期間に出来るだけのことに取り組んで、後期に臨みましょう!

 

 

 

さてここで一つ・・・

 

 

お知らせ!

 

 

8月4日~7日にかけて、夏期AO入試が行われます。

8月1日まで、Web上でも入試エントリーを受け付けています!

 

もし今までの日本画コースブログを見てくださって、興味が湧いた!という方いらっしゃいましたら、是非エントリーしてくださいね!

 

●エントリーはこちらから

夏期AO入試エントリー受付フォーム

 

日本画コース一同お待ちしてます!

 

 

以上、日本画コースでした!

関連記事

<228229230231232>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。