美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2015年8月20日  ニュース

【染テキ】赤か白か…

染織テキスタイルコース 3年生のSOUSOUゼミでは、

手ぬぐいの生地に三重県の伊勢木綿を使用しています。

伊勢木綿は江戸時代から今も続いている伝統的な布です。

 

51eb900b15eb17c3a5dd0a4370bf5f2725da199d

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、3年生の地下さんからお電話があり、伊勢木綿の追加注文の相談を受けました。

実は、湘南蔦屋さんで京都フェアが開催されるそうで、SOUSOUゼミみんなの手ぬぐい販売が決定したのです。嬉しいことですね!

 

shonan_t-site_1 102398

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、急いで注文。

 

布や糸を電話で頼む時、とても緊張します。

それは、専門の言葉が多すぎて、漢字も難しいので、なんて読んでいいかわからないし、なんのことを言っているかわからないことが多いのです。

昨日は…。

 

 

n-IRRITATING-TELEPHONE-large570

 

 

 

 

 

副「いつも、お世話になっております。すみません。SOUSOUゼミでいつも使っている手ぬぐい生地が欲しいのですが…。」

 

臼「どうも。あ。晒ね。」

 

副「はい。4疋ほど。お願いします。」

 

臼「白?」

 

副「白?あの、端のところに赤の糸が入っているやつなんですけど…。」

 

臼「赤ね。つづき?それとも切る?」

 

副「え?えっと…じゃあ、つづきで」

 

と答えたのですが、後から不安がどんどん押し寄せてきます。

 

赤って言っちゃったけど、もしかして、真っ赤な布が来るのかな?

白生地を頼みたかったんだけどな〜。赤って言っちゃったなぁ〜。

 

つづきってなんだ?え。まさか、全部繋がっているってことかな?

どのくらい、大きい布がくるんだろう…とか、電話を切ったあと、いろいろ、めぐるのであります。

 

怖くなり、確認の電話をしますが、18時。もう工場には誰もいません…。

とにかく、荷物を開けるまではわからないようです…。

 

明日まで、待ちます。

 

IMG_0995

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休みの制作が続きます!

がんばれええええ!!!!

 

関連記事

<223224225226227>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。