歴史遺産学科

ニュース

  • LINEで送る

2015年9月3日  ニュース

講演のご案内「大石武学流庭園シンポジジウム~津軽の庭の価値と継承~」

みなさん、こんにちは。

歴史遺産学科の副手です。

今日は歴史遺産学科教授、仲 隆裕先生が講演されるシンポジウムのご案内です。

 

仲先生は庭園文化史研究、文化財庭園を中心とする遺跡の保存修復・整備がご専門です。

 

詳細は下記に記載いたしました。

日本庭園に関して興味のある方、お近くに行かれるようでしたらぜひぜひご参加ください!

 

———————————————————————————————————————————————————————-

 

大石武学流庭園シンポジジウム~津軽の庭の価値と継承~

 

弘前を中心とした津軽地方には、各地に「武学流」あるいは「大石武学流」と呼ばれる様式による庭園が多く残っています。それらは主として明治・大正両期に盛行したものであり、「武学流」は津軽地方の庭園の様式の代名詞になっています。

このシンポジウムではその津軽の庭である「武学流庭園」の価値と継承について、講演・パネルディスカッションを行います。

 

講師:仲 隆裕先生

日時:2015年9月23日(水) 13:00~16:30

会場:ヒロロ4階市民文化交流館ホール

参加費:無料(事前申し込み不要)

お問い合わせ:弘前市教育委員会文化財課 TEL:0172-82-1642

———————————————————————————————————————————————————————–

 

20150828145753-0001

関連記事

<117118119120121>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。