キャラクターデザイン学科

日常風景

  • LINEで送る

2013年4月25日  日常風景

学生ブログより:「キャラデの真剣ゼミ、始まる」

こんにちは!副手の齊藤です。
学生主体で運営しているブログより、皆さんにぜひ読んでもらいたい記事をご紹介します!
(記事担当:3回生松原くん)
 
———————————————–

 

 
毎度ながら松原です。今年度もブログ書きます。すみません。

今年度から新企画として、ゼミの授業を紹介していきたいと思っています。

 

そもそも、ゼミとは何なのだろうか・・・?

 

説明しよう!!ゼミとは・・・
講義名称はキャラクターアニメーションⅠ、Ⅱといい2、3回生が対象。

 

各教員の専門分野の技術を活かし、作品制作を行う。
通常授業より少人数で行われるため、より深い内容を教員と話すことができるのだ。

 

名付けて「キャラデの真剣ゼミ」
聞き覚えがあるような、ないような。

学生が真剣に取り組んでいる懐に、カメラは迫った・・・。

 

 

僕が受講しているゼミは古賀ゼミ。
古賀俊輔先生によるゼミです。人数は5人。
何をするかというと、自分の将来に向けて作品を制作。つまり自由制作です。

 

 

自分で課題を探し、制作する。何を制作するか固まるまでは古賀先生と話していきます。

 

 

僕は卒業制作をしたいので、この授業を選択しました。
見る人の心に残るような作品を作りたい。自信をもって卒業したいと思ったからです。
そのために古賀ゼミでしっかりと構想を練りたいと考えています。

 

 

4月は年間のスケジュールを立てることが目標。
1年間どのように時間を使うかを考えます。
そのため今回は古賀先生と話をしました。

 

何を制作するかもう少し時間がかかりそうです・・・。

 

 

次回記事を書くときにはどのような進歩があるのだろうか。僕自身楽しみです。

 

それでは次回もお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

関連記事

<371372373374375>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。