アートプロデュース学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年11月4日  授業風景

綱渡りはACOPと似ている!?

IMG_8641

みなさんは「スラックライン」というスポーツを知っていますか?

簡単に言うと「綱渡り」。ピンっと張ったベルトの上をバランスを取りながら歩きます。

 

1回生のACOP(Art Communication Project)の授業で、先日そのスラックラインにみんなで挑戦しました!

 

IMG_8659

 

 

DSC_0721

 

簡単そうにも見えますが、じつは、うまく歩けるまでに結構練習が必要なんです。

最初の方は友人の手を借りて少しずつわたっています。

 

 

DSC_0790

DSC_0734

余裕のピース☆

 

 

お!うまい!

様になってます!

DSC_0783DSC_0744

 

夕暮れを背景に、青春の一枚!(笑)

 

DSC_0717

スラックラインを終えて、学生からはこんな感想があがりました。

 

「綱渡りは、まず芯(軸)をしっかり持つことが大切。じゃないと、バランスを崩してすぐに落ちてしまいまう。怖くても下を向かず先の方をみている方が安定するし歩きやすい。落ちたら悔しかったし、もう一度!次こそは!と思った。」

 

そして

 

「この綱渡りってナビ(※)と似てないか?と思いました。下ばかりみて周りをみることに不安になって、手を差し伸べてくれる皆を拒絶していては何も変わらない。出来ないからやらない、上手くないからしないのではなく、(ナビゲーションも)綱渡りのときのようにできなくても取り敢えずやってみようと思いました。」

 

(※)学生たちはACOPの鑑賞会で、「ナビゲイター」とよばれるファシリテーターの役割を担います。

 

来週末から、隔週で全3回開かれるACOP鑑賞会がはじまります。

毎日夜遅くまで練習している成果が、本番で出せるといいですね!!

 

 

☆おまけ☆

3人で組体操!センターは学科長の福先生~

IMG_8716

 

 

 

asp

関連記事

<171172173174175>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。