環境デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年10月23日  授業風景

9月30日-第1回環境デザイン演習Ⅱ

9月30日、『ロングライフデザイン』をテーマとする「環境デザイン演習Ⅱ」の授業(3年生対象)で、南禅寺大寧軒(だいねいけん)に行きました。大寧軒は明治の茶人薮内紹智(やぶのうちじょうち)によってつくられたといわれる池泉回遊式庭園です。琵琶湖疏水の水を引き込んだ清流の中に立つ、石造の「三柱鳥居」が印象的です。その後、南禅寺から銀閣寺へと哲学の道を歩きながら、京都の歴史的な環境デザインを楽しみました。(TA:大学院修士1年 シン ユンジョン)

庭園の待合で、ボランティアの方から大寧軒についての説明を受けました。

庭園の待合で、ボランティアの方から大寧軒についての説明を受けました。

大寧軒の清流の中に立つ石造の「三柱鳥居」。

大寧軒の清流の中に立つ石造の「三柱鳥居」。

南禅寺三門の前で記念撮影。

南禅寺三門の前で記念撮影。

関連記事

<114115116117118>

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。