文芸表現学科

イベント

  • LINEで送る

2015年10月29日  イベント

12/2 特別講義「表現と仕事」の新しいかたち(ヒビノケイコ)

【講師急病により、日程が変更となりました。11/4(水)→12/2(水)へ変更となります。ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。】
 
Print

 

11月4日12月2日(水)3講時の文芸論Ⅲ(担当:村松美賀子先生)で

4コマエッセイスト、ブロガーのヒビノケイコさんの特別講義を開講します。

 

文芸論Ⅲはインディペンデント・メディア(独立したメディア、もしくは媒体)についての授業です。

インディペンデント・メディアの背景と現状、新たな媒体の数々を紹介しながら、

いかに制作し、発信するかをしめしていきます。

 

ヒビノさんは現在、高知県嶺北地方に住んでおられます。

「田舎には仕事がない」と言われているなか、

それなら「自分で仕事をつくろう」とカフェ、ネットショップを起業。

また田舎暮らしや子育てのことを漫画日記にしてブログで発信し、

その日記をまとめた本の出版もされてきました。

新しい時代に必要な視点を地方から発信しつづけるヒビノさんから

「『表現と仕事』の新しいかたち」をテーマにお話をしていただきます。

 

他学科学生も聴講可能ですので

ぜひみなさん、お越し下さい。

 

 

【文芸論Ⅲ 特別講義】

自己メディアで半年間1000冊完売「リトルプレスを自力で作って売るには?

『表現と仕事』の新しいかたち

 

日時|12月2日(水)3講時(13:10〜14:30)

場所|人間館4階 NA413教室

講師|ヒビノケイコ

※申込不要、他学科学生聴講可

 

ヒビノケイコ プロフィール

4コマエッセイスト、ブロガー。京都精華大学芸術学部卒。

9年前京都から高知の山奥に移住。自然派菓子工房ぽっちり堂ネット店起業。

山カフェをオープンし家庭×仕事×地域を大切に経営。山奥の人気店に。

2014年~作家活動に専念。

ブログ作家活動と講座で新しい時代に必要な視点を地域の中から発信中。

ブログ「ヒビノケイコの日々。人生は自分でデザインする」こちらから。

 

 

(スタッフ・鈴木真美)

 

 

 

 

関連記事

<118119120121122>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。