舞台芸術学科

学生紹介

  • LINEで送る

2015年11月16日  学生紹介

『蝶のやうな私の郷愁』本日千秋楽です!

こんにちは!

女役で出演しています、演技演出コース4回生の近藤智子です!

 .
初めて公演ブログを書くので、正直かなり緊張しています、、
 .
 .
 .
皆さんは、「エモい」という言葉を聞いたことがありますか?
 .
この言葉、私の今作品でぶち当たった壁なんです。
 .
 .
emotional
「感情的な」という意味の単語がありますね。

つまり「エモい」とは、

「感情的に台詞を言いすぎてて、何を考えてるかすぐに分かって面白くない芝居」

ということなんです!!

.

.

何を言いたいのか、どういう気持ちで言っているのか分からない。

でも、その上で見えてくるものは何なのか。聞こえてくるものは何なのか。
.
状況から言わされている台詞、言ってしまった後に考えている空気感。
 .
 .
 .
実は私、この芝居のやり方、とても苦手なんですよ(笑)

 .
 .

演出の南風盛さんから、『すーちゃんシリーズ』というマンガを借りて、

言ってることと考えてることの違いを認識したりもしました。

このマンガ、オススメですよ〜。

.
はたまた夏休みに水族館に行ったり、

他企画の人とスポッチャに行ったり、
稽古終わりに自転車を乗り回したり、
 .
苦手克服のための手段と、様々な旅を経て作り上げた作品です!
 .
 .
本日13:30開演です。
当日ならまだ入れるかもしれません!
 .

劇場で皆様をお待ちしております。

こちら私たち夫婦の家です。 住み心地良い感じ。

こちら私たち夫婦の家です。
住み心地良い感じ。

関連記事

<141142143144145>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。