アートプロデュース学科

ニュース

  • LINEで送る

2016年2月23日  ニュース

公開セミナー「ともにみる、ともに学ぶ ~アクティブ・ラーニングのススメ~」レポート

fuku
1/23(土)に開催された公開セミナー「ともにみる、ともに学ぶ ~アクティブ・ラーニングのススメ~」(愛媛県美術館)の基調講演「みる・考える・話す・聴く」に、ASP学科の福のり子先生が登壇し、小中学校における対話型鑑賞の実践報告、生涯発達心理学からみた 「他者視点と学び」について講演が行われました。

 

当日は、県内外から90名を超える教育関係者・美術関係者が集まり、まさに「アクティブ」に、「他者との対話」による学びの可能性を探求する場となりました。

 

本セミナーは、当学アート・コミュニケーション研究センターが2015年度に外部専門家として協力してきた「愛媛県美術館・博物館・小中学校共働による人材育成事業」の第一弾企画として開催されました。同事業では、 対話型鑑賞の他教科への応用について可能性を探ること、さらにはファシリテーター育成プログラムを開発することを目的として、県下の美術館・博物館学芸 員、小中学校教員、外部専門家らが協議を重ねています。

 

アート・コミュニケーション研究センターのHPでは、セミナー概要のレポートに加え、吉崎文子先生(伊予市立郡中小学校教諭)・春日美由紀先生(出雲市立大社中学校主幹教諭)が当日発表された資料スライドが紹介されています。詳細は下記のリンク先よりご覧下さい。

 

アート・コミュニケーション研究センターHP

 

 

asp

 

 

 

関連記事

<150151152153154>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。