プロダクトデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2016年6月28日  授業風景

1年生のワゴン製作!

もうすぐ7月ですね~!暑い夏がもうすぐそこまでやってきていますが、
1年生は夏までに作り上げなくてはいけないものがあります。

 

そう、それはこれから4年間を共に過ごすことになる教室での相棒、“ワゴン”です!

pd_160628b

これは「素材・造形実習Ⅰ」という授業の中で、1年生が最初に制作する課題なのです。
この授業では、“正しい木材の知識”と“図面を読み解く力”を鍛えます

 

一言に“木材”といってもその種類はとても数多く、それぞれに特徴があり、何を制作するかによって
使い分ける必要があります。
実際にワゴンを組み立てながら、木材の細かな特徴を勉強していきます。

 

pd_160628c

また、制作する中でもうひとつ重要なのが、“図面”です。
頭に思い描くモノをどのように作り上げていくのか、その道筋を正確に示してくれているものが図面なのです。

 

みんな慣れない図面と格闘しながら、引き出しのレールの位置や角度を探っているようですね~

 

pd_160628d

このような基本的な知識を1年生のうちにしっかりと学ぶことで、2年生からの制作活動に役立つ知識を
蓄えることができるんですね!

 

この授業では毎回班長を入れ替えることで、みんなが班の代表を経験することができ、お互いにサポートし合い、
教え合いながら、ワゴンの完成を目指していきます。
こうして築き上げられる仲間との絆も、また醍醐味のひとつなのかもしれません

 

pd_160628e

みんなのワゴンがどんな風に完成するのか楽しみです!
完成まであと少し!みんなファイト~!

 

京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科運営HPはこちら

関連記事

<9192939495>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。