美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2016年7月5日  ニュース

2017年から美術工芸学科に「基礎美術コース」誕生!

すでに新しい大学パンフレットやWebサイト等で告知しておりますが、美術工芸学科に、日本画、油画、写真・映像、染織テキスタイル、総合造形の既存5コースに加え、『基礎美術コース』が2017年春に誕生します!

 

コース名の「基礎」とは、ものごとを成立させる根幹のこと。このコースでは、あらゆる分野や職業でも活かせる、ものごとのベースとなる考え方や思想を理解し、自分の表現をつきつめることを目指します。これまで美術のトレーニングを積んできた人も、経験が少ない人も智に学べる環境を整えているので安心です。

 

main

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この新コースでは、京都から「日本」を究めることができ、総合大学の経済・法・政策系学部以上に、より実践的でクリエイティブなアートの視点を学ぶことができるのです。今回は6名の先生方にインタビューしています。ぜひご覧ください。

 

美術工芸学科 学科長 椿昇インタビュー

 

臨済宗 妙心寺 退蔵院 副住職 松山 大耕インタビュー

 

クリスティーズ山口 桂インタビュー

 

珠賓インタビュー

 

彦十蒔絵 若宮 隆志インタビュー

 

書道家 川尾 朋子インタビュー

 

———————————

 

「基礎美術コース」のポイント

 

・「技術・素材・教養」の3本の柱を体系的に扱い、これまでの美術教育にはない、新たな仕組みと方法論で美術を学びます。

・日本の技と心を世界に伝えるプロフェッショナルたちが設計する「型」と「道具」というふたつの方法に着目したプロジェクト

・「型に倣う」ことで「京都」や「日本」の本物を意識し、日本と東洋の美術の方法と思想を基礎からしっかり習得する。

 

———————————

 

「基礎美術コース」詳細はこちら

http://www.kyoto-art.ac.jp/art/department/finearts/base/

 

7/10(日)「一日体験入学オープンキャンパス」詳細・事前申込はこちら

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-12_07-10/

関連記事

<152153154155156>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。