情報デザイン学科

【3年生】3Dパッケージデザイン

 

 

さて、今回の授業はこのような装いで行います・・・

一体何の課題なんでしょうか??

 

miniIMG_0477

 

今回の課題は「アナグリフ」です!

 

「アナグリフ」とは、赤と青の2色のズレを利用し、

3Dメガネをかけることで立体的に見える画像のことをいいます。

 

最近では、映画鑑賞などでおなじみの3Dですが、

青と赤のフィルムのついた、このレトロなタイプは少し珍しいのではないでしょうか。

 

写真 2

 

 

さて、今回はこのアナグリフ使って、お菓子のパッケージを3Dにしてデザインします!

 

アナグリフは、赤と青の2色のズレの幅を変化させることで、立体的に飛び出す距離も変えることができます。

ロゴのどの部分を一番飛び出させてみせるのか、どのようなバランスで見せるのか、
各々の工夫の見せ所です!

 

okasi

お馴染みの定番お菓子のパッケージ達。。

2色のデザインになると、ちょっと不思議な感じがしますね。

 

miniIMG_0466

 

合評も勿論、3Dメガネ着用で行います!

一人ずつ、コンセプトや工夫した点などを発表しました。

担当の先生は、佐藤淳先生疋田淳喜先生です。

 

miniIMG_0416

 

実際に、飛び出しているところがお見せできず残念ですが、

様々に工夫のこらされた、アナグリフのおもしろさが体験出来ました。

こうした技術もこの課題だけに留まらず、他の課題にも取り入れて、

おもしろい視覚表現にチャレンジしてもらいたいですね!

 

 

miniIMG_0481

 

 

 

miniIMG_0441

 

 

副手/クスモト
– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<312313314315316>