美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2016年8月5日  ニュース

【総合造形】ARTZONE:名和ヤノベ(ウルトラ)ゼミ合評

総合造形コースには3つのゼミがありますが、

そのなかの1つ“ウルトラゼミ”のグループ展がARTZONEにて行われています。

先月の30日(土)には指導教員の名和晃平先生、ヤノベケンジ先生、

ゲストの黒川先生、非常勤講師の先生方が集まり合評が行われました。

 

今回は合評の様子をのぞいてみましょう!

まずは、2Fフロアに展示しているKさんとYくんのプレゼンの様子。

DSC_8796 DSC_8803

そして、1FのYさん。

(作品を覗いているのはヤノベ先生ですね。)

大変だったと思いますが、よく作り上げましたね。

DSC_8822

それから屋上に上がってIさんの作品です。

天気のいい夕方が見所かもしれません。(撮影は17:00頃です)

この写真にも作品写っているのですが、わかるかな?

DSC_8831

このほかにも興味深い作品が揃っています。

是非、会場に足を運んでください。

 

前期展示は11日までです。まだの方は是非!

また、後期展示(第2弾)は14日から始まります。

※合評は14日14:00~からまたあります。(見学自由)

学生のプレゼンはもちろん、第一線で活躍される先生方の講評を聞けるチャンスです!

 

詳細はこちら↓

http://artzone.jp/?cat=11

 

 

関連記事

<143144145146147>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。