美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2016年8月24日  授業風景

【総合造形】2年生グループ制作合評

こんにちは。

ちょっとUPが遅れましたが、

7月末に行われた総合造形コースの2年生”グループ制作”の合評の様子を紹介します。

 

この課題は5~6名で構成された4つのグループに分かれ、

コンセプトを話し合い作品にしていきます。

共通テーマは「今そこにあるリアリティ」。。。

細かなコンセプトは是非学生にお尋ねください!ということで、写真を並べていきますね。

 

まずはA班

DSC_8706

口がパッカ~ンと開きました。

作品の隣に座っているのはモデルになったNくん。講評中もどっしりしてましたね☆

DSC_8726

口から頭の中に入ることができるんです。

中は結構広いですね~ そして大量のから揚げが!臭いぷんぷんです。

DSC karaageDSC_8755

お次はB班です。

DSC_8745

↑”ゆとり世代”を調査している調査員室を作り上げました。

 DSC_8749 DSC_8761

話し合いの初めでは近くの農家にヒアリング調査に行くなどフィールドワークも行っていたりと二転三転しながらも、最終的にはこのような作品を作り上げました。

班長のTくんもよくまとめ上げましたね☆

 

お次はD班。

 DSC_8775 DSC_8767

映像作品とインスタレーションをみせてくれました。

内容はご想像にお任せします☆

 

お次はC班。

 DSC_8780 DSC_8790

「空間にはいくつものリアリティが存在し、

その中から抽出した情報が見た者のリアルになる」(キャプションより)

 

大学内を移動しながらの体験型の作品でした☆

 

 

どの班も最後までやりきりましたね!

毎年2年生のグループ制作はバラエティに富んでいて、先生方も楽しみにしている合評のひとつです。副手の私も記録をしながら楽しませていただきました。

前期授業お疲れ様でした~~!

 

関連記事

<139140141142143>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。