歴史遺産学科

イベント

  • LINEで送る

2016年8月29日  イベント

世界考古学会議第8回京都大会(WAC-8京都)開催!!

みなさん、こんにちは。

京都では久しぶりにしっかりとした雨が降っています。

 

さて、本日はみなさんにイベントのお知らせです。

京都では昨日から世界考古学会議第8回京都大会が開催されています。
この会議の関連企画として、歴史遺産学科学科長の仲隆裕教授が支部長をつとめる

日本庭園学会関西支部の公開講演会が、京都府文化博物館別館で開催されますので

ご案内いたします。

 

 

○シンポジウム 「文化財庭園の修復と考古学」
日時:9月1日(木) 13時30分〜16時30分  

参加費:無料

 

スケジュール:
「趣旨説明」 仲 隆裕(日本庭園学会関西支部長・京都造形芸術大学教授)
「講演① 庭園の考古学 ─平安京と発掘庭園─」   鈴木久男(日本庭園学会会長・京都産業大学教授)
「講演② 京都市内の文化財庭園の修理と考古学的調査との相互関係」今江秀史(京都市文化財保護課文化財保護技師、大阪大学大学院)
「講演③ 名勝庭園における歴史的景観の表現方法と諸課題」   吹田直子(京都府教育庁文化財保護課)
「講演④ 宇治の歴史まちづくりと考古学」   杉本 宏(宇治市歴史まちづくり推進課)
主催:NPO法人 WAC Japan 世界考古学会議第8回京都大会実行委員会 日本庭園学会関西支部
共催:日本学術会議

 

 

詳しい情報は、世界考古学会議第8回京都大会のホームページをご覧ください。

http://wac8.org/japanese/home-j/

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

※本画像は世界考古学会議第8回京都大会ホームページより引用しております。

 

 

以上です。ご興味ある方はぜひぜひご参加くださいね。

関連記事

<8586878889>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。