こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年5月30日  授業風景

学外ワークショップ|3年次「Azemi」

こども芸術学科Aゼミでは、毎月、障がい者施設を訪問し、利用者のみなさんとアートワークショップを行っています。

 

気をつけていることは、単にワークショップを行うだけではなく、利用者のみなさんのおかれた状況、障がい、特性の理解を深めたうえで、ワークショップを行い、ふりかえりも丁寧に行うようにしています。

 

今回は、3年次生がはじめて企画したワークショップ。布を「わたしいろ」に染めていきます。

 

IMG_0026

 

 

IMG_0031

 

IMG_0024

こんなのができました!

 

 

IMG_0053

水野先生です!

 

 

IMG_0072

できた染を施設が運営するカフェ内のギャラリーで展示しました。

 

こども芸術学科では、保育士のほか社会福祉主事資格が取得可能であるため、福祉領域とのコラボも積極的に行っています。芸術と対人援助というあらたな価値の可能性を信じて。

 

(浦田雅夫:教員 / 子ども家庭福祉)

関連記事

<344345346347348>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。