こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年5月25日  授業風景

フレスコ画で自画像|1年次「絵画基礎(合評)」

地心館への小径を歩くと、新緑も毎日その色が深まってきています。日中は段々と暑くなってきましたね。

さて、1年次生も自画像フレスコ画の制作が一段落し、先日は合評会でした。

 

IMG_5174

 

フレスコ画は油彩画が発明される前から描かれていた、とても古い絵画技法です。
漆喰を練ったりするのに一手間かかりますが、その色彩は鮮やか(フレッシュ(英)=フレスコ(伊))で、素朴なマチエールが温かみを感じます。

左官屋さんのように、漆喰を打った支持体を作り、その漆喰が生乾きで湿っているときに水溶き顔料で描く技法(ブオン・フレスコ技法)。そして、漆喰が乾いてからカゼインのりを顔料とを混ぜてカゼイン絵の具を作り、加筆するフレスコ・セッコ技法があります。

 

1年次生、慣れない技法に試行錯誤しながらも、力作が揃いましたよ。

 

保尾美里さん

保尾美里さん

 

 

鄭未来さん

鄭未来さん

 

古橋寛子さん

古橋寛子さん

 

横山瑞華さん

横山瑞華さん

 

横江風香さん

横江風香さん

 

河野瞭香さん

河野瞭香さん

 

阿部彩花さん

阿部彩花さん

 

三島百合江さん

三島百合江さん

 

日浅美久さん

日浅美久さん

 

山田優美さん

山田優美さん

 

奥田萌子さん

奥田萌子さん

西山佳菜さん

西山佳菜さん

 

原涼子さん

原涼子さん

 

石井隆平くん

石井隆平くん

 

西脇未友さん

西脇未友さん

 

鄭修妤さん

鄭修妤さん

 

竹中葵さん

竹中葵さん

 

清水葉音さん

清水葉音さん

名畑陸君

名畑陸君

 

葉山梨花さん

葉山梨花さん

 

高校の時に美術科だった学生さんもいれば、普通科で、デッサンは苦手、という学生さんもいます。

でも皆、絵は好きなのです。

 

絵が好き、ということはとても大切です。

そして、授業の時に言うのは、絵は技術の上手下手ではないということです。

もし絵が好きなら、たくさん描けばいいのです。そうすれば、自分に必要な技術も見えてくるし、そこで勉強すればいい。

 

本来、絵を描くことは遊びにも似ていて、楽しいものです。

子どもの頃、紙の上で自分でひいた鉛筆の線が現れてくるとき、ドキドキしませんでしたか?

僕は、鉛筆の黒鉛の匂いや、かりかりという音、そのような出会いを覚えているので、そう思うのです。

 

将来、保育士や、お絵かき教室の先生になる学生さんもいるかも知れませんから、子ども達に絵を好きになってもらうためにも、苦手意識や苦労を含めた今の経験が大切なのです。

 

(森本玄:教員/絵画)

 

関連記事

<346347348349350>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。