文芸表現学科

ニュース

  • LINEで送る

2016年10月20日  ニュース

10月から新しい先生が加わりました!

 
10月から、文芸表現学科に新しい先生が加わりました!
作家の山田隆道(やまだ・たかみち)先生です。
ジャーン!
 
yamada
 
山田先生は、大学在学中より放送作家・脚本家として活動をはじめ、現在は作家として活躍されています。小説からエッセイ、評論、マンガ原作まで幅広く執筆されていますが、主な著書には『虎がにじんだ夕暮れ』『神童チェリー』『雑草女に敵なし』『芸能人に学ぶビジネス力』などがあります。また、プロ野球にも造詣が深く、野球評論の著書もあり、新聞・雑誌などに野球コラムを連載したり、寄稿したりしているそうです。ほかには、MBSラジオ『亀山つとむのかめ友SPORTSManDay』など、各種番組コメンテーターも務めていらっしゃいます。
 
161020_1
161020_4
161020_2
161020_3
 
若い、エネルギッシュな先生ですので、研究室もますます活気に満ちています。後期から、1年生の「創作基礎II(小説を書く)」を担当いただいていますが、来年からはたくさんの授業を受け持っていただく予定でので、学生の皆さんも楽しみにしていてくださいね!
 
 
(スタッフ・加藤)

関連記事

<143144145146147>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。