情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2016年11月25日  授業風景

【3年生イラストレーションコース】雑誌カバービジュアル

 

今回は3年生イラストレーションコースD領域【構想計画】で行われた

「雑誌カバービジュアル」の授業をご紹介したいと思います!担当は都築 潤先生です。

 

こちらの授業ではまず、プレワークショップでひとり一人が “雑誌” のリサーチを行いました。

その後、男性誌や女性誌、カルチャー誌など様々なジャンルに別れてグループでカバービジュアルを制作。

 

 

IMG_2975

 

グループの中の2人が選ばれ、

それぞれがアートディレクター、編集長、デザイナーになって制作を進めていきます。

アートディレクターが表紙のデザインコンセプトや特集を踏まえて

目次のラインナップのデザインをデザイナーさんにお願いし、

編集長は全体をチェックしてまとめていきます。

 

 名称未設定-1

それぞれの特色を織り込み、文字やイラストのデザインをするだけではありません。 

例えば女性ファッション誌はとてもたくさんの文字がカバービジュアルに記載されていますよね。

そんな様々な雑誌の特徴をリサーチ経験を生かしてディスカッションしながら絞っていきます。

文字が多すぎると見にくくなるので、どう構成するかとても難しかったそうです。

 

IMG_2787

最終日は根之木正明先生にも参加していただいて、講評を行いました。

雑誌は3ヶ月分作られ、各グループとも合計3冊発表しました。

発売する号の季節感や、特集記事に合わせたイメージ、最終ページに織り込む広告など細かな所まで工夫がされていて、

思わず手にとってパラパラめくりたくなるものばかりでした。

 

 

基本 RGB

 IMG_2801

 スタッフ:勝 

関連記事

<199200201202203>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。