こども芸術学科

イベント

  • LINEで送る

2016年12月15日  イベント

3回生Aゼミ(村山、浦田)の活動報告

 

 こども芸術学科Aゼミでは、毎月、社会福祉法人なづな学園を訪問し、ワークショップを行っています。

今回は、そのワークショップで制作した作品を2016年12月9日(金)~11日(日)、みやこめっせでおこなわれた『なづな展2016手づくり製品とゆったりアート』で展示してきました。数日間でしたが、多くの方に、活動をみていただきました。

 

 

KIMG0784

 

 

 

 KIMG0765

 

 

 

 15327401_1835091250103051_9056468429631135015_n

       こちらは、なづな学園の大ヒット商品のお座布団。かわいいです。

 

 

 15356528_1835740703371439_5008166178101198977_n

  かわいいいろんな商品が出ています。なづな学園では、こども芸術学科の卒業生(先輩)も活躍中!

 

 15421043_1835091016769741_4722080088471246442_n

 

 

 そして、もうひとつご報告。

 

 sIMG_1542

  この枯山水。先日12月1日に訪問させていただきました、京都千本出水を西へ。光清寺さん。

 お庭は、重森三玲 作です。手入れの行き届いたすばらしいお庭で心を癒されました。

  実は、この光清寺さん。こども芸術学科1期生の心山(むねやま)さんのご実家。

 この日は、ゼミの学生とともに、訪問し、お庭を眺め、座禅体験をし、縁を結ぶ「おむすび」をいただきました。

 

 

  KIMG0731

  ひとつひとつ、丁寧に「おむすび」を作りました。心のこもった「おむすび」のおいしいこと。

 

 

  sIMG_1531

   まさに縁を結ぶ「お結び」

 

 

  sIMG_1536

 

   光清寺さんでは、佐藤初女さんのお話や地域の中でのお寺の役割、そして何よりも、真心を深く学びました。

 

   本当に、ありがとうございました。

 

  (報告:教員 浦田雅夫)

 

関連記事

<139140141142143>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。