アートプロデュース学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年1月26日  ニュース

【卒業生の活躍】ルーブル美術館にて映像作品が上映

アートプロデュース学科卒業生の活躍を紹介します。
現在、金沢21世紀美術館で学芸員をされている高橋洋介さんが制作協力された映像作品「Blue Passages」が、見事、パブリックアート国際短編映画賞を受賞したのを記念して、先日の21日にフランスのルーブル美術館にて上映されました!

http://www.louvre.fr/art-public

 

今回、受賞・上映されたのは、

20世紀を代表する哲学者ヴァルター・ベンヤミンの没後75周年の追悼作品として、ピレネー山脈とポルトボゥという街を舞台に、ベンヤミンの思想をいま蘇らせることの意味を問う批評的なパフォーマンスの記録でもある映像作品とのことです。

 

http://files.cargocollective.com/534129/Blue-Passages_Eng_.pdf

 

卒業生の活動が海を渡って評価されているのはとてもうれしいことです。

今後もさまざまな卒業生の活躍を紹介していきます!

 

asp

 

関連記事

<8990919293>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。