文芸表現学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年2月2日  授業風景

文芸ショートムービー上映祭!

「表現基礎」という授業で毎年行う映像制作に、今年は一回生が挑戦しました!

先日行われた完成披露上映会の様子をお伝えします!

 

 

今回は撮影・編集期間がかなり短く、制限がありました。

その代わりに映像自体の時間やジャンルも幅を持たせたところ、

これまでなかったアイデアが多く見られ、不足をカバーしつつ面白く見せてくれました。

 

たとえばこちらは本格的な音楽MVを撮った班。

台本を書いてから学内ロケに行き、衣装や小道具、撮り方にこだわっていました。

安っぽくならないようどんな雰囲気で撮るか、かなり苦心したようです。

スクリーンショット 2017-02-02 11.33.58

スクリーンショット 2017-02-02 17.42.55

 

こちらはいわゆる「ゲーム実況」作品です。

上のMV作品とは対象的に尺が長く、ゲーム画面・定点カメラ・テロップを駆使した仕上がりに。

実況の中のハイライト集といった感じ。「CS放送で流れてたら見る」という声も(笑)。

スクリーンショット 2017-02-02 19.37.51

 スクリーンショット 2017-02-02 10.14.31

 (ゲーム画面が映っていない箇所を切り取ったら、何がなんだか……)

 

 

ふだんはひとりで作業に打ち込むことの多い学生たち。

映像という未知の表現に対し、何かと初心で悩み考えたのではないでしょうか。

面白いかな? どうやって撮ろう? なんて言ったら伝わるんだろう??

その「?」を想像し、共有して、ギリギリまで模索した、良い作品たちだったと思います。

 

IMG_0898

IMG_0798

 

IMG_0838

 

みんな、お疲れさまでした! 

 

 

 

(スタッフ・加藤)

 

 

 

 

 

関連記事

<151152153154155>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。