情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年2月24日  ニュース

【卒業展】大好評!情D受賞作品講評会のお知らせ!

 

今年も卒業展受賞作品の講評会を行います!

 

IMG_1100

(写真は昨年の講評会の様子)

 

この講評会では受賞作品を見て回り、作者と審査員による作品解説を行う毎年人気のイベントです。
もちろん参加はどなたでも大歓迎!

 

///

 

卒業展 情報デザイン学科受賞作品講評会
日時:2月25日(土)13:00〜
場所:智勇館2階 BR21にて受賞者発表後、巡回

 

///

 

今年も司会はもちろん、毎年人気の 都築 潤先生 
さらに今年は 見増 勇介先生 も加わって、初のW司会となります!!
おふたりの明るく楽しい進行が楽しみですね。

  

さて、今年の特別賞を審査していただく、特別ゲストをご紹介します。

 

/ / / / /

 

榎本了壱先生(客員教授)

9d11d0f8a47f19811e8de43d35e829f3-420x420

クリエイティブ・ディレクター、プロデューサー。株式会社アタマトテ・インターナショナル代表。
東京オリンピック・パラリンピックエンブレム委員。
1947年東京生まれ。1962年二科展商業美術部門最年少入選。
1980年『日本グラフィック展』『オブジェTOKYO展』『URBANART』などを1999年までプロデュース。
日比野克彦、タナカノリユキなど、多くの新人を輩出する。
1986年株式会社アタマトテ・インターナショナルを設立。
『ダサイズムの逆襲』(パルコ出版)『榎本了壱のアイディアノート・脳業手技』(マドラ出版)
『東京モンスターランド』(晶文社)など著書多数。

 

/ / / / /

 

増田セバスチャン先生(客員教授)

45fde987badb7d72e9de185828630501-280x420

アートディレクター、アーティスト。
1970年生まれ。演劇・現代美術の世界で活動した後、1995年にショップ「6%DOKIDOKI」を
原宿にオープン。
2011年きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MV美術で世界的に注目され、
2015年夏にはコンセプト・美術・演出などをプロデュースした、都内最大級面積のカフェ
「KAWAII MONSTER CAFE」が原宿にオープン。
2014 年からニューヨークを拠点にアーティストとして活動を開始。
現在2020年に向けたアートプロジェクト「TIME AFTER TIME CAPSULE」を展開中。

 

/ / / / /

 

審査員と作者とのやりとりをライブで体感できる、刺激的なイベントです!
在学生はもちろん、たくさんの方のお越しをお待ちしております!!

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 京都造形芸術大学 卒業展/大学院 修了展 

日程:2/25(土) – 3/5(日)

時間:10:00~18:00

場所:京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス

http://www.kyoto-art.ac.jp/sotsuten2016/

 

 3/4-5 同時開催!オープンキャンパス 

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/sotsuten/

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

スタッフ:小笠原

 

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

関連記事

<174175176177178>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。