アートプロデュース学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年8月3日  授業風景

仮装行列開催!

みなさん、こんにちは。

暑い日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。アートプロデュース学科の学生たちも、先週最終授業日や期末レポートの提出を乗り越えて夏休みに入りました~。

そして学科の最終授業で一番盛り上がるのが、表現演習Ⅰ(通称:ACOP)の授業で開催されている仮装行列です!毎年テーマを決めて仮装し、大学内を練り歩きます。

 

今年のテーマは「作品になる」

マグリットの『山高帽の男』やクリムトの『接吻』、やなぎみわさんの『エレベーターガール』、狩野永徳の『唐獅子図屏風』などなど。それぞれ工夫をこらして作品になりきっていました!!

 

IMG_4887 IMG_4877

仮装に合わせて、ネタを仕込んできた学生も…!

 

 

人間館1Fの様子。ここからカフェを通り抜けて大階段を目指します~。

IMG_4964  IMG_4976

IMG_4971

これは高橋由一の『豆腐』!

 

最後に大階段で集合写真を撮りました!作品に合わせたポーズでパシャリ。

IMG_4999

★おまけ★

学科長と前学科長の風神雷神図屏風。とってもお似合い…!!

IMG_5045

前期も瞬く間に過ぎていきましたが、夏休み期間にしっかり休んでしっかり課題やプロジェクトもこなしつつ、

後期に元気な姿で会いましょう~。

関連記事

<6364656667>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。