映画学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年10月8日  授業風景

「映画演技XI」授業始まる

去年に引き続き「映画演技XI」の授業が始まりました。

 

PANA1199

 

今期は『グラスホッパー』などで知られる瀧本智行監督、映画学科卒業生の荻島健斗監督、副学科長の福岡芳穂先生の3人で担当し、オムニバス形式の映画を製作します。

 

PANA1229

 

初日は荻島監督の指導の基、二人一組になって芝居を作り、撮影をし、最後に写されたものをみんなで観ました。

 

PANA1234

 

ここからどんな映画が作られるのか今から楽しみです。

関連記事

<340341342343344>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。