情報デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年11月2日  授業風景

【授業紹介】情報デザイン基礎

 

本日は2年生の共通授業の紹介をします!

情報デザイン学科2年生ビジュアルコミュニケーションデザインコース(以下VCDコース)は3クラスに分かれており、

「情報デザイン基礎」では3週間ごとにローテーションをしながら授業を行います。

各クラスでは「視覚化・実体化のデザイン」、「ストーリーテリングとデザイン」、「認識を変容させるデザイン」といった異なる作品の表現方法を学んでいきます。

 

 

今回は「視覚化・実体化のデザイン」の授業の様子をピックアップしてお伝えします!

 

「視覚化・実体化のデザイン」星原正秀先生

 

この授業では、ワコール男性下着ブランド『BROS(ブロス)』の商品店頭販売ポスターを制作します。ワコール様にご協力いただき、オリエンテーション・プレゼンテーション・採用デザインの決定といった『グラフィックデザイナー』と言う職業の仕事の流れを、課題を通して実際に体感します。

また、プレゼンで優秀だった学生作品は、実際にワコールを取り扱う量販店の店頭、もしくはHPに掲載される予定です!

授業では、商品のターゲット層『30代~40代男性』をキーワードに、それぞれポスターのデザイン案を考えていきます。

 

IMG_5376

 

IMG_5422

 

ポスターのデザイン案が決まったら、実際に商品を撮影していきます。

それぞれ思い思いにセッティングして、商品が魅力的に写るように工夫します!

 

_MG_2783

 

撮影が終わったら写真を加工して、デザインを仕上げていきます。

 

IMG_5121

 

完成したポスターを展示して合評です!

印刷したポスターを教室に貼り出し、ずらっと並ぶ様は圧巻です。

同じ商品を使っていても、それぞれ切り口が違うので面白いですね!

実践としてのグラフィックデザインを体験して、この先の制作について考えるヒントが得られたのではないでしょうか。

学生のみんなは今後の自身の制作に、どんどん活かしていってくださいね!

 

 

スタッフ/ウコン

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

関連記事

<120121122123124>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。