美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年12月12日  ニュース

【油画】祝・優秀賞受賞 『第38期 国際瀧富士美術賞』 

皆さんこんにちは、美術工芸学科・油画コースです。

 

先月、とある奨学金の授賞式が東京で行われました。

4年生神谷ゼミの土取郁香さんが、『第38期 国際瀧富士美術賞』の財団奨学生の選考に残り、栄誉ある奨学生として選ばれたのです!(パチパチパチパチー!)

推薦者である神谷先生も一緒に、授賞式と工房見学に参加されました。

 

国際瀧富士美術賞とは

第38期 国際瀧富士美術賞 授賞式

 

 

01

 

………

静岡県の湯河原には財団の持つ広大な敷地があり、その中にはステンドグラス・陶板工房があります。

授賞式の前日、土取さんと神谷先生はその工房見学+ワークショップに参加。

空港や公共の場に設置される巨大な陶版作品の制作プロセスや、上野駅のステンドグラスプロジェクトの過程を拝見しました。

 

news20171116_5

▲『クレアーレ熱海ゆがわら』工房見学とワークショップの様子

(画像出典:公益財団法人 日本交通文化協会HPより)

………

そして授賞式当日。東京の神宮、明治記念館で行われた授賞式は、それはそれは豪華なものでした◎

02

国際瀧富士美術賞  第1期の受賞者である、彫刻家 青木野枝さんより受賞者に送るスピーチあり、ピアノ&ヴァイオリンの演奏あり、各受賞者のプレゼンテーションあり…と、盛りだくさんの内容です。

 

03

第38期 国際瀧富士美術賞 優秀賞

土取 郁香(つちとり  ふみか)さん

京都造形芸術大学 美術工芸学科・油画コース 4年生

土取さんのプレゼンも、イギリスやカナダ、シンガポール、韓国からの海外受賞者に引けを取らない、堂々とした制作の秘密の話で、これから追い込みとなる卒業制作への期待が高まります。

来年2月の卒業制作展、みなさん、是非見に来て下さい◎

 

掲載:美術工芸学科・油画コース

 

…………………………………

■予 告■

2017年度  卒業展

2/10 wed ー 2/18 sun

京都造形芸術大学内にて開催

関連記事

<4243444546>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。